アニメ その他

『ネットフリックス』ジブリ作品が日本で配信されないのはなぜ?

 

国民的人気アニメ映画であるジブリ作品。

Netflixが2020年2月より日本、カナダ、米国を除く世界中で28言語の字幕と、最大20言語の吹き替えを対応予定とし

動画配信をすることを発表しました。

 

ジブリファンからすればようやくVODのネットフリックスでジブリ映画を見放題だ、と意気込んだかもしれませんが(私がそうでした)

よく見ると日本は対象外なんです。

 

今回なぜ日本がこのNetflixジブリ作品から対象外となってしまったのかを考え、考察させていただきました。

 

 

 

なぜジブリ作品が日本での配信がされないのか

 

 

ジブリと言えば日本を代表するアニメ映画の一つですが、その日本の作品を日本を除く(日本、カナダ、米国)

世界で配信することに疑問を持たれる方も多いかと思います。

そこでなぜ母国の日本が外されてしまうのかを考えてみました。

 

1,長期に渡り地上波放送で視聴率がとれる唯一無二のアニメ映画だから

 

ジブリ作品と言えば定期的に地上波放送で21時ごろから放送していますよね?

アニメ映画の中でもジブリは視聴率がとれる作品と言われており、恐らくいつ放送しても安定して取れるため

今の時代映画を地上波で流してもここまで安定しているものはないのではないでしょうか。

 

ネットフリックスなどのVODは基本契約中は見放題で見れるため当然地上波テレビでみる必要性もなくなります。

 

2,1に付属する利益敵問題

 

テレビ放送自体がテレビ局とスポンサーでの成り立ちであることは有名ですが、テレビCM等の広告で利益を出しているわけです。

視聴率のでるテレビ番組を作りその合間にCMをはさみます。

 

そのCMの枠をスポンサーの方に買っていただいて利益をだすわけなのですが

その視聴率が高い番組であるほどスポンサー企業も見ていただく人が増えるため自然と利益があがるわけなのですが

 

そこに通年安定しているであろうジブリ作品の安定枠があればおいそれと簡単には手放せないのかなと思います。

 

DVDなどの売れ行き

 

ジブリ作品のDVDを買おうとしたことのある方ならわかるかもしれませんが

根強いファンが多いというのと子供から大人までいつ見ても楽しめる素晴らしい作品ばかりなので基本的にDVDやBlu-rayが通年売れ続けています。

そしてDVDの中古品などでも中々値段が暴落せず安定しているのも凄いところです。

 

そういったディスク(円盤)系のビジネス面の安定もありますし立派に成立しているため上記含む様々な理由から定額制で配信するタイプと相性が悪いのではないかと思います。

 

 

ネットフリックスは駄目だったけど意外と地上波にもメリットはあるというお話

 

ネットフリックスでは日本、カナダ、米国に関してジブリ作品を配信することは叶いませんでしたが

上記のとおり地上波では放送されるわけなんです。

逆にNetflixやHuluなどのVODで見放題となった場合地上波のジブリ放送が減ってしまう、もしくは無くなってしまう可能性もあるかもわからないわけです。

 

 

そして、この地上波で放送されることの私達視聴者の最大のメリットは録画が出来るということ。

ネットフリックスに加入するということはもちろん毎月の月額料金800~1800円(コース別)がかかるわけですが

逆を言えば録画しておけばいつでも無料で見れるという利点もあるのが良いところです。(放送されている間は録画可能なため)

 

世界の人にジブリ作品を知ってもらうチャンス

 

日本の人たちにとって今回のことは残念だったと言わざるをえないかもしれませんが

少し考え方を変えると日本を代表するジブリ作品が世界中の人達に見てもらえるチャンスということに気が付きます。

 

私自身、「となりのトトロ」や「千と千尋の神隠し」はそれこそ生まれて何十回も見直すほど見ており、大好きな作品の1つです。

そんな作品達が日本以外の世界中の人達にみていただけることに私は嬉しい気持ちを感じています。

 

まとめ

 

やはり、こういったことで日本は除かれるということはお金の絡む「大人の事情」というものが必ずからんできてしまうものですが

現状そこまでのショックを受けることではないかと思います。

今後も人気ジブリ作品は地上波にて放送は定期的にされるでしょうし、その際に録画をしておけば万事解決です。

 

NetflixやHuluなどのVODサイトでジブリが今後配信されるのか?ということに関しては

まだまだ配信されないであろうというのが自分の中での個人的な予想です。

 

また、配信されたとしても何か別のデメリットが生まれてしまうのではないかなとも思うので(例えば上記の地上波がなくなるなど)

まずは世界に配信して世界中の人の反応を見てみたいですね!

 

2020年2月に日本のジブリ作品が世界中の人に楽しんでもらえることを楽しみに待っています。

 

U-NEXT

U-NEXTはアニメ動画だけではなく映画、ドラマ、AV、バラエティ、電子書籍など幅広く取り扱っています。

 

総作品数は2020年3月集計においてダントツの1位「見放題作品数NO1」気になるアニメ作品数もNO1です。

 

無料期間中に解約してもお金がかからないためまずはどういったものか体験しやすいのもポイントです◎

無料期間&無料ポイント31日間無料+600ポイント
月額1990円
魅力ポイント豊富なジャンルと動画数。アニメを無料で見て配布ポイントでその原作や雑誌を読むということも出来る。

dアニメストア

dアニメストアはアニメに特化した動画配信サービスです。

注目すべきはそのコストパフォーマンスにあり、なんと月額400円で契約することができます。

 

アニメ以外は何も見ないという人にはワンコインで2800作品以上のアニメが見放題のためアニメファンに喜ばれているサービスの1つとなります。

無料期間&無料ポイント31日間無料
月額月額400円
魅力ポイントコスパ最高!ワンコインで旧作から新作まで沢山のアニメを見ることが出来る。

-アニメ その他
-, ,

© 2020 アニメくらふと | 無料動画配信まとめ Powered by AFFINGER5