XAIRCRAFT P20 v3 : 完全自動航行・散布の農薬散布型UAV

完全自動航行・完全自動散布

XAIRCRAFTの農薬散布型UAV、P20 V3は、最先端のテクノロジーを搭載。 XAIRCRAFTが独自に開発した農業用の飛行制御システムを搭載し、あらゆる種類の天候や自然環境に適応でき、完全自動航行・完全自動散布が可能です。 農作物の保護作業のための、正確で効率的なサービスを提供します。

RTK搭載

RTK(リアルタイムキネマティック) ポジショニングシステムは、GNSSハンドヘルドマッパー、RTKオンボードモジュール 及び RTKベースステーションの3つで構成された、精度の高い位置情報を提供出来るシステムです。 RTKのテクノロジーは、センチメートルレベルの高い精度で、安定した自律飛行と正確な方向を探知・認識します。

飛行管理システム

XAIRCRAFTの提供する飛行管理システムは、機体・飛行状況・天候・農作物・作業者を管理する、オンライン管理ツールです。 すべてが統合された飛行管理システムを利用し、サービススタッフやUAVをはじめ、最適な作業配分を効率的に運用可能です。 また、第三者機関の監視もサポートしているため、UAVの安全性が向上します。

機体設計

バッテリーとケミカルタンクはワンタッチで交換可能。流線型の機体は風の抵抗を抑え、長時間の飛行を実現可能にしました。また、散布装置はアトマイザー方式を採用。非常に細かい液滴で散布が可能になり、水稲だけではなく果樹にも対応。

play-icon

映像を見る

XAIRCRAFTが目指すモノ

安心・安全

今、誰が、何処で、どの農作物に対して、どの農薬を、どのような天気で散布しているのか、管理者・依頼者はいつでもパソコン・スマートフォンで把握が可能。また、機体は産業用向けの強固なフレーム。これにより、安心・安全に農薬の散布が可能になりました。

労力の軽減

完全自動航行・完全自動散布により、昼間だけではなく、夜間も散布可能です。これにより、散布オペレーターの労力が軽減され、農薬の濃度も今までよりも薄くしても効果を発揮します。

再利用可能な設計

バッテリーやケミカルコンテナ・アトマイザーなどの消耗品は、次世代機にも利用可能なように設計されています。機体毎にバッテリーを買い替えたり、パーツが壊れたら機体を丸ごと買い替えなどは不要です。

企業の利益よりも、農家の方や散布オペレーターの安心や安全を第一に考えたい。

 主な特徴

フライト時間

安全に利用できる時間は10〜15分。バッテリーが無くなる前に、散布し終えてタンクが空になり、自動的に戻ってきます。

均一した散布

散布装置にアトマイザー方式を採用。可変速度で均一した液剤の散布が可能。

超微細な噴射ノズル

アトマイザーを採用した事により、液滴の直径は100μm以下と超微量。

RTK搭載

GNSS RTKによる測位で、センチメートル単位の精度を実現し、安定した飛行が可能になりました。

複数台同時飛行

1人のオペレーターにつき最大8台まで機体を同時にフライトする事ができます。

夜間散布

完全自動航行・完全自動散布により、夜間の散布も可能になりました。

最大5ha / 時

1時間で最大5ヘクタールの散布が可能。非常に効率よく散布できます。

5秒で取替

バッテリーとケミカルコンテナは、ワンタッチで交換時間はわずか5秒。

頑丈な構造

機体や関連機器は、産業用途にも対応した非常に頑丈な構造になっています。

耐熱・耐寒・防塵

スマートバッテリーは、アルミニウム合金ケースとカーボンファイバープレートを採用し、IP33の防塵と防水性能で、非常に頑丈な構造です。

長い寿命

スマートバッテリーは300フライト以上。噴射ノズルは200ha以上の寿命を誇ります。

障害物回避

予め障害物(案山子や電柱など)を設定しておくと、自動で回避します。